京都の相続専門田中信男税理士事務所

相続でお困りなら京都の田中信男税理士事務所にご相談ください。複雑で解りにくい相続税や贈与税について親切丁寧に解説させていただきます。

 075-256-0417

受付時間

お問合せは無料です!
9時~20時(土・日・祝除く)
女性の受付担当(税理士ではない)が電話に出る場合もございます
不在の場合は留守番電話にメッセージお願いします
お問合せフォームは24時間可

相続で空き家になった自宅の譲渡所得が3,000万円控除される制度が創設

      2016/09/06

空き家に係る譲渡所得の特別控除を創設

長年放置され、危険な空き家の増加が社会問題となっています。その対策として、平成27年には危険な空き家と認められた場合、固定資産税などの軽減を適用しないことが定められました。
さらに平成28年度税制改正では、不動産譲渡所得の特別控除(3,000万円)に着眼し、居住用に限定していた特別控除を、空き家にも使えるように改正されました。具体的には、親が住んでいた家を相続した相続人が

①家を解体し更地にして譲渡した場合
②必要な耐震改修を行い、家屋と土地を譲渡した場合

のいずれかで、一定の要件を満たせば、譲渡益から3,000万円の特別控除が適用できます。

適用が受けられるのは平成28年4月1日から平成31年12月31日までの譲渡に限られています。

特別控除が適用できる要件のまとめ

項目要件
土地・家屋などの要件・相続開始の直前まで被相続人の自宅であり、相続開始、被相続人が一人で居住
・建物は昭和56年5月31日以前建築の旧耐震基準の状態である
・マンションなどの区分所有建物ではない
・相続開始から売却までの間に、事業、貸付、居住の用に供されていない空き家であること
対象となる人その自宅を相続した相続人
適用となる期間平成28年4月1日~31年12月31日までの売却である
その他・平成25年1月2日以降発生した相続であること
・売却額が1億円を超えないこと

ただここで皆さんは、「田舎の空き家なんて売却しても譲渡益なんて出ないよ」という感想をお持ちになるでしょう。おっしゃる通り、都会の一等地であれば売却益が3,000万円発生することもありえるかもしれませんが、非常にまれなケースと思います。しかし、ここで1点注意すべき点がございます。

「その土地建物の取得価額は正確に断定しますか?」

という点です。これはどういうことかご説明させていただきます。

(例)田舎の空き家(土地付き建物)が1,000万円で売れた場合

(1)正確な資料が保存されており、取得価額が2,000万円であると断定できる場合
売却価額1,000万円-取得価額2,000万円=▲1,000万円
となり、譲渡損となり譲渡益課税は発生しません。

(2)正確な取得価額が不明な場合(概算取得費計算)
取得価額=売却価額×5%=1,000万円×5%=50万円
売却価額1,000万円-50万円=+950万円
となり、譲渡益が発生します。今までは950万円の15%程度の税金が発生していました。しかし、この空き家の譲渡所得に係る特別控除により、税金の発生が免れることになります。

空き家の問題はこれからの日本が抱える大きな問題です。この税制が空き家問題の解決を支える一つのツールとなればよいですね。

もし不明な点がございましたら、京都の相続専門税理士の田中税理士事務所へお問合せください。

 - やや難しい相続税(中級編)