京都の相続専門田中信男税理士事務所

相続でお困りなら京都の田中信男税理士事務所にご相談ください。複雑で解りにくい相続税や贈与税について親切丁寧に解説させていただきます。

 075-256-0417

受付時間

お問合せは無料です!
9時~20時(土・日・祝除く)
女性の受付担当(税理士ではない)が電話に出る場合もございます
不在の場合は留守番電話にメッセージお願いします
お問合せフォームは24時間可

三菱UFJ信託、みずほ住宅ローン撤退

   

三菱UFJ信託、みずほ銀行が新規住宅ローンを撤退するようです

 

金利が安いと言われています。

金利というのは、銀行さんの儲け、つまり行員さんのお給料になるわけです。

つまり、金利が安いとそれだけ利益が薄くなっていきます。

手間というコストは同じにも関わらず。

そこで「採算が合わない」と判断した銀行は撤退していくようです。

そうなると、借り手としては今が借りるチャンスです。

よく「30年で3千万円住宅ローン組んだら、6千万円くらい返さないといけない、損だ!」

なんていう、乱暴な話がされることがありますがそんなことはありません。

せいぜい、利息を600万円くらい払うくらいでしょう。

30年で600万円払うということは月に16,000円程度負担するだけです。

どうでしょうか、毎月1回遊ぶのを我慢すればよいくらいになります。

では、「絶対購入のほうが得なのでしょうか?」

今は、建設人材不足や建築資材不足によりあきらかに「住宅そのものの価格が高い」と思います。

「結局、モノが高いか金利が高いか、結局高い」

ということも言えると思います。

うーん、悩ましいことです。

京都で相続にお困りでしたら、相続専門税理士にご相談ください!

 - お知らせ, ブログ