京都の相続専門田中信男税理士事務所

相続でお困りなら京都の田中信男税理士事務所にご相談ください。複雑で解りにくい相続税や贈与税について親切丁寧に解説させていただきます。

 075-256-0417

受付時間

お問合せは無料です!
9時~20時(土・日・祝除く)
女性の受付担当(税理士ではない)が電話に出る場合もございます
不在の場合は留守番電話にメッセージお願いします
お問合せフォームは24時間可

相続税の具体的計算例

      2017/08/24

具体例その1

京都に住んでいる私の家族は、父、母、兄、私の4人です。家族全員父が購入した家に住んでいました。今年、父が死亡し、財産を下記のように遺産分割しました。

●母が取得した相続財産
・退職手当金(死亡退職金)3,000万円
・居住用住宅(固定資産評価額)1,500万円
・宅地(132㎡)7,920万円
●兄が取得した相続財産
・現預金2,500万円
・生命保険1,750万円
●私が取得した財産
・現預金2,500万円
・生命保険1,750万円

<計算例>
●課税価格の合計額
・現預金5,000万円
・死亡退職金1,500万円(3,000万円-500万円×3人=1,500万円)
・生命保険金2,000万円(3,500万円-500万円×3人=2,000万円)
・居住用住宅1,500万円
・宅地1,584万円(7,920万円×20%=1,584万円)
合計11,584万円

●各人の課税価格
母1,500万円(退職金)+1,500万円(居住用住宅)+1,584万円(宅地)=4,584万円
兄2,500万円(現預金1/2)+1,000万円(生命保険1/2)=3,500万円
私2,500万円(現預金1/2)+1,000万円(生命保険1/2)=3,500万円

●基礎控除
3,000万円+600万円×3名=4,800万円

●課税遺産総額
11,584万円-4,800万円=6,784万円

●法定相続分に応ずる取得金額
母6,784万円×1/2=3,392万円
兄6,784万円×1/2×1/2=1,696万円
私6,784万円×1/2×1/2=1,696万円

●相続税の総額
母3,392万円×20%-200万円=478.4万円
兄1,696万円×15%-50万円=204.4万円
私1,696万円×15%-50万円=204.4万円
合計887.2万円

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表
法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

●各人の課税価格に応じた割合
母4,584万円/11,584万円=0.3957→0.4
兄3,500万円/11,584万円=0.3021→0.3
私3,500万円/11,584万円=0.3021→0.3

●算出相続税額
母887.2万円×0.4=354万8,800円(配偶者の税額軽減で0円)
兄887.2万円×0.3=266万1,600円
私887.2万円×0.3=266万1,600円

具体例その2

京都に住んでいる私の家族は、父、母、兄、私の4人です。兄は結婚し持家に住んでいます。私は独身で家を出て賃貸マンションに一人暮らしです。今年、父が死亡し、財産を下記のように遺産分割しました。
兄が取得した土地・建物については小規模宅地等の適用は受けることはできません。

●母が取得した相続財産
・死亡退職金3,000万円
・生命保険金3,500万円

●兄が取得した相続財産
・居住用住宅(固定資産評価額)1,500万円
・宅地(132㎡)7,920万円

●私が取得した相続財産
・現預金5,000万円

<計算例>
●課税価格の合計額
・現預金5,000万円
・死亡退職金1,500万円(3,000万円-500万円×3人=1,500万円)
・生命保険金2,000万円(3,500万円-500万円×3人=2,000万円)
・居住用住宅1,500万円
・宅地7,920万円
合計17,920万円

●各人の課税価格
母1,500万円(退職金)+2,000万円(生命保険金)=3,500万円
兄1,500万円(居住用住宅)+7,920万円(宅地)=9,420万円
私5,000万円(現預金)

●基礎控除額
3,000万円+600万円×3名=4,800万円

●課税遺産総額
17,920万円-4,800万円=13,120万円

●法定相続分に応ずる取得金額
母13,120万円×1/2=6,560万円
兄13,120万円×1/2×1/2=3,280万円
私13,120万円×1/2×1/2=3,280万円

●相続税の総額
母6,560万円×30%-700万円=1,268万円
兄3,280万円×20%-200万円=456万円
私3,280万円×20%-200万円=456万円
合計2,180万円

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表
法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

●各人の課税価格に応じた割合
母3,500万円/17,920万円=0.1953→0.19
兄9,420万円/17,920万円=0.5256→0.53
私5,000万円/17,920万円=0.279→0.28

●算出相続税額
母2,180万円×0.19=414万2,000円(配偶者の税額軽減で0円)
兄2,180万円×0.53=1,155万4,000円
私2,180万円×0.28=610万4,000円

具体例その3

京都に住んでいる私の家族は、父、母、兄、私の4人です。父は昨年他界し、父後を追うように1年後の今年母が亡くなりました。母は父から相続した家に住んでいましたが、同居していた者はなく一人暮らしでした。兄は結婚して持家に住んでいます。私は独身で家を出て賃貸マンションに一人暮らしです。母が遺してくれた財産を下記のように遺産分割しました。
私が取得した土地・建物について小規模宅地の特例を受けることができました。

●兄が取得した相続財産
・現預金1億円

●私が取得した相続財産
・居住用住宅(固定資産評価額)1,500万円
・宅地(132㎡)7,920万円

<計算例>
●課税価格の合計額
・現預金10,000万円
・居住用住宅1,500万円
・宅地1,584万円(7,920万円×20%=1,584万円)
合計13,084万円

●各人の課税価格
兄10,000万円(現預金)
私1,500万円(居住用住宅)+1,584万円(宅地)=3,084万円

●基礎控除額
3,000万円+600万円×2名=4,200万円

●課税遺産総額
13,084万円-4,200万円=8,884万円

●法定相続分に応ずる取得金額
兄8,884万円×1/2=4,442万円
私8,884万円×1/2=4,442万円

●相続税の総額
兄4,442万円×20%-200万円=688.4万円
私4,442万円×20%-200万円=688.4万円
合計1,376.8万円

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表
法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

●各人の課税価格に応じた割合
兄10,000万円/13,084万円=0.7642→0.76
私3,084万円/13,084万円=0.2357→0.24

●算出相続税額
兄1,376.8万円×0.76=1,046万3,600円(100円未満切捨て)
私1376.8万円×0.24=330万円4,300円(100円未満切捨て)

 

 - これを見れば相続税がよくわかる!